レディ

アシナガバチのような蜂の駆除は信頼できる専門業者に任せよう

安全で効率の良い駆除

蜂の巣

共存が難しい場合

ハチは、植物の受粉をサポートしたり、植物に害を与える毛虫などを食べたりすることから、益虫とされています。そのため本来は共存していく必要があるのですが、それが困難という場合もあります。たとえばガレージなどにハチの巣が作られると、人間がそのガレージに出入りするだけで、ハチを刺激してしまうことがあるのです。この場合は、お互いが脅威となってしまうため、ハチ駆除が必要となります。具体的には、巣を守っている働きバチを殺虫剤で駆除しつつ、巣をその場から撤去するのです。人間に襲い掛かってくるのは働きバチのみで、巣にいる女王バチや幼虫は、攻撃してくることはありません。つまりハチ駆除は、働きバチからの攻撃をかわしながらおこなうことが肝心と言えるのです。

巣と死骸を処分

働きバチからの攻撃は、防護服を着用することで回避できます。防護服は、購入することもできますが、自治体で貸し出されていることもあり、この場合はレンタルできます。また自治体の中には、ハチ駆除自体を請け負ってくれるところもあります。とはいって自治体の職員がハチ駆除をするわけではなく、自治体から依頼されたプロが作業することになります。プロですから、防護服はもちろん、働きバチを一掃できるほどの強力な殺虫剤も所有しています。これにより働きバチは、襲い掛かってくる前に死んで地面に落ちます。プロはその後、安全に巣を取り除きますし、さらには地面に落ちた働きバチの死骸も残さず回収して処分します。ハチのいた形跡が完全になくなるわけですから、プロによるハチ駆除は好評を博しています。